おっさん道楽(?)




 去年の夏、愛車エスティマに別れを告げた。13年間に18万キロを走り、限りない思い出の詰まった車ではあるが、やはりあちこちにガタが来て、やむを得ず買い換えることになった。 代わりの車は・・・・・。まあそれはやめておこう。というのは新車が納車した途端、その車は鬼ヨメの所有物となり、それまで鬼ヨメの愛車であったプレオが私の愛車となった・・・・。なんとも虚しい話ではあるが、その頃ガソリンが高騰しており、リッターあたり200円近くになっていた。だから、たかが通勤に使うのなら軽4輪で十分である、ということで、ちゃっかりと交換を余儀なくされてしまったのだ。

 乗り始めて最初の頃、人目が気になり、なんとも情けなく感じていたが、思ったりよく走る。毎日の往復60キロの通勤に何の支障もないどころか、結構楽しめるのだ。私の通勤路は山道である。ところどころ2車線でないところもあるが、この小ささなら全く何にも気を遣わずに走れるのだ。結構パワーもあるしゲタ代わりにちょうどいい。 そうこうしているうちに、スバルが軽自動車の開発をやめたり、WRCから撤退したりと、マイナスイメージの情報が伝わってきた。だがそれを聞いたらそれまで興味がなかった軽自動車に興味を持ち始めるあたりが、私のヘソの曲がったところである。たまたまプレオは青色である。青はWRCにおけるスバルのイメージカラーである。生産されない車でレースから撤退したカラー・・・。俄然乗る気になってきた!(我ながら変なヤツ・・・)

 そうなったら余計に興味が湧いてくる。「へぇ〜、軽のくせに4気筒もあるやんか。」「ほぉ〜、スーパーチャージャーなんかついてるの!」「ありゃ、後はフラットになるし、前の席もべったり倒れるから、こりゃ寝られるで!」といったことが次から次へと解ってくる。後の小物入れには竿を積むのにピッタリのスペースもあるし、結構いろいろと積めそうだ・・・・。

 そうこうしているうちに、だんだんと私好みの車になっていった。「私好み・・・」とは、もちろん旅仕様である。ETCがあるから高速道路はETCのない私の2輪よりも安上がりである。トランクには調理用具釣り用具、そして温泉支度生活用品が一式収まっている。そしてダウンシュラフもあるから寝ることもOKだ。燃費もエスティマの倍はいく。これならのんびりと、どこへでも旅ができる。いつでもどこにでも旅が出来て、いつでもどこでもメシが食えて、寝ることも出来る。「おっさん道楽」にはもってこいだ。



 ということで、今回の旅は美作三湯のひとつである湯原温泉の砂湯へ行く。小2の息子がついてきたが、これも車ならではである。バイクならそうはいかない。初日は鳥取へ向かい、そこで一泊する。夜はインスタントのカレーラーメンをもとにして、その中に野菜と豚しゃぶ肉を放り込んで「カレーしゃぶしゃぶラーメン鍋」にする。翌朝から県境の犬挟峠を越えて岡山に入る。途中、道の駅で今が旬のイチゴを購入し、その場でサッと洗って頬張る・・・・。なんとも爽快な味だ。そして温泉に浸かる。露天風呂番付では「西の横綱」と称される温泉である。混浴露天風呂で、なんと無料である。ところが不況の影響か、日曜日の昼過ぎだというのにほとんど客はいない。ほぼ貸し切り状態で、息子と温泉を堪能するぐらい楽しんだ。そして高速道路を通って帰宅する。軽4輪でETC割引、さらに裏技を使って非常に安い費用で帰ってきた。

愛車『プレオ』・・・おっさん道楽の相棒です。


湯原温泉『砂湯』入り口

砂湯にて


 どうやらまたまた趣味の幅が広がったみたいだ・・・・。これからは車中泊の旅をはじめとして、それに釣りやキャンプ、登山などを組み合わせて、幅広く楽しむことが出来そうである。『おっさん道楽』はさらに進化していく・・・。

                                                     ( 2009.2.22 )

 



戻 る

 

トップに戻る


釣れても
釣れなくても

ツーリングクラブ
【男神】

酒 と 肴

  自転車に乗って

おっちゃんの独り言