メタボと呼ばれて・・・・。

                                        




 最近娘によく「メタボ父さん」と言われる。自分ではそれほどにも思ってなかったのだが、やはり客観的にみたら「メタボ予備軍」には違いない。そういえば最近あまり体を動かしていないし、思いっきり汗をかくといったことも少なくなった・・・・。そこで久々に自転車の遠乗りをして、鈍った体にカツを入れようと考えた。

 目指すは篠山市にある温泉で、片道およそ20キロの行程である。往路で思いっきり汗をかき、そして温泉とサウナでとことんまで汗と老廃物を絞り出し、その後は復路でもう一汗・・・・、といった何ともマゾ的な計画である。まあ、たまには体を酷使してやるのもいいだろうということで、いざ出発・・・・。

 行程は車でしょっちゅう走っているところだから目新しいものは何もない。だがスピードが違えば視界も変わってくる。なかなか道路の拡幅が進まないところにはその理由が書かれた立て看板があった。普段車ならじっくりと読むなんては絶対にないもんね。また日本六古窯の一つ立杭焼のある今田町では、今まで目に付かなかった窯元や、今まさに作りかけてる壺などがあって、結構色々楽しめた。よくわかっているところでも、こちらの視点や環境を変えれば、まだまだ楽しめるものはいっぱいあることに気づかされた。そしてコンビニでおにぎり二つとお茶を買って休憩をする。いやぁ、体内の水分が入れ替わるのが実感できる・・・・。

これより篠山市・・・・。 昆の村


 さて、目的地「ぬくもりの郷」に到着し、まず最初に体重計に乗る。ふむふむ、500グラム減ってるなあ。まあお茶1リットルとおにぎり二つ体に入れて500の減なら、まあええ感じか・・・、と納得して、温泉につかる。ここはまだ温泉としては歴史は浅いが、設備と泉質がいいせいか、結構人気がある。まずは十分に露天風呂に浸かってから、サウナへ・・・・。子供ができてから、なかなか一人でのんびりと温泉につかるということはできなくなり、ましてや一人でサウナなんてとんでもない。自分一人でサウナにいて、そのあいだに子供が溺れてたらえらいこっちゃからね。というわけで、久々にじっくりと汗を流す。そして水風呂・・・・。これを何度も繰り返すうちに、さすがにへばってきたので、まあこれぐらいにしといたろ!、ということで、あがって体重を測る。う〜ん、ええ感じ! 何年ぶりかなあ、74キロ台の数字が示された。74と75では大違いである。四捨五入したら70キロとと80キロである・・・。といった小学生並みの理屈を言うつもりはないが、やはり一つの区切りであり、その区切りをここ何年間も越えることはできなかったのだから、感動ものである。いやぁ、若返った気がしますなあ(笑)。

「立杭焼」の のぼり窯 ぬくもりの郷


 さて、たっぷり汗を絞り出し、体が芯まで熱くなったからには、当然考えることはただ一つ・・・・。もう頭の中には冷たいビールのことしかない。そうなると今日は自転車でやってきたことが、逆にいい口実となってしまう。耳元で悪魔がささやく。「今日はハンドル握らなくてええんやから、飲んでもいいよ〜。飲酒運転で捕まらへんでぇ〜。」 だがここで飲んだら、何のためにわざわざしんどい思いをして汗を絞り出したのかわからなくなってしまう。そのうえ帰りももちろん自転車である。上り坂も結構あるので、アルコールが入った状態で上り坂を自転車で・・・、なんてことを考えるとゾッとする。心臓が爆発するかもしれない。 ということで、なんとか悪魔の誘惑には負けず、帰路に就いた。

 さて、来た道をそのまま戻るのは面白くないということで、ぐるっと別の谷をまわる道を選ぶ。適度にアップダウンするその道は最初は快適だったが、やはりこのあたりから普段の運動不足が顕著に現れてくる。何とも言えないしんどさと喉の渇きに見舞われる。ひとこぎひとこぎが辛くなってきた。今さらながら、なんでこんなアホなことをしてるのかと自問自答してしまう・・・・。嫁さんに車で迎えに来てもらおうかなあ、なんていうとんでもない屈辱的な考えも頭をよぎる。娘の「メタボ父さん!」と言いながら、あざわらう顔が目に浮かぶ・・・。くそったれ! と頭を振って悪魔どもを追い払ったまさにそのとき、目の前には酒屋さんの自動販売機が出現した・・・・。まあ一本ぐらいええか・・・、ということで、350ccを購入してしまった・・・・。あ〜あ・・・・。 でもやっぱり美味いなあ・・・・・。最高だった!

あ〜あ・・・・・。悪魔が・・・・。


 その後ふら〜ふら〜と自転車を走らせ、やっと帰宅する。そしてシャワー・・・・。まあ、お茶類1500ccとおにぎり、そして缶ビール350ccを体に入れたのに、結果的に2キロ減ってるんだから、まあ3リットルほどの水分を循環させ、それに伴い多少の脂肪も燃焼されたことだろう。心地よい昼寝のあと、夕食時のビールがこれまた美味かった・・・・。これがアカンのやなあ・・・・・。
                                                            (2007.9.9)

 



戻 る

 

トップに戻る


釣れても
釣れなくても

ツーリングクラブ
【男神】

酒 と 肴

  自転車に乗って

おっちゃんの独り言