サイクルコンピュータ


 先日注文しておいたサイクルコンピュータが届いた。なんともまあ仰々しい名前だが、簡単言えばスピードメーターである。たしかにその他の機能も色々付いているようだが、私にとっては速度と走行距離以外の測定機能はは無用のものである。そして値段も千円台ということで、そんなにあらためて取り立てて書くほどのものでもない。

 だが、こんな小さなアイテムだけでも夢は広がる・・・・。小学校4年の時に買ってもらった自転車にはスピードメーターが付いていた。当時そんなものは珍しく、特に山間部の田舎で育った少年にとっては、世の中にはこんなものが存在するのかといったもので、当然まわりの友人からは羨望の的であった・・・。下り坂で40キロを越えた!とか言って喜んでいたことを覚えている。 ただ当時のスピードメーターはワイヤーを介しての機械式で、その分前輪に負荷が掛かり重たくなってしまう。というわけでしばらくして飽きてきたら、早々に取っ払ってしまった・・・。

これがサイクルコンピュータ


 あれから40年近い歳月が流れた。でもすることは変わらんもんやねぇ(笑)。 早々に自転車に取り付け、いざ出発!いつもは車で通り慣れた道を自転車でたどる。でも無意識ながら、できるだけ上り坂の少ないコースを選んでしまうのは歳月の流れのせいか・・・・。

 メーターは順調である。デジタル式で的確に数字を伝えてくる。果たして合っているのかどうかはわからないが、まあひとつの目安にはなるだろう。三田市・三木市・加東市・篠山市を巡る。といっても市の境界あたりを走っているので文字にするとこうなるが、そんなにたいした距離を走っているわけではない。途中で小さなシマヘビに出会ったり、昭和の時代を彷彿させるようなよろずやさんでジュースを買ったりと、いつもの見慣れた景色を、新鮮な気持ちで見直すことが出来た。

ストアー」の文字が新鮮? ツバメの赤ちゃん・・・・


 本日の走行距離は28.3キロメートル。帰ってからパソコンで距離を計測したところ、ほとんど誤差のない数値が出てきた。ということは速度計もほぼ正しい数字を表していると考えて良いだろう。 最近娘に「メタボ父さん」と呼ばれている私だが、この小さなアイテムを刺激に、「いっちょうダイエットに取り組んだろか!」という気になってきた。さ〜て、次は何キロ走ろうっかな・・・・・。


戻 る

 

トップに戻る


釣れても
釣れなくても

ツーリングクラブ
【男神】

酒 と 肴

 自転車に乗って

おっちゃんの独り言