北海道家族旅行その2  『見 る』  



 今年は知床世界自然遺産に登録された、記念すべき年である。偶然にもそんなときに北海道旅行ができたのは非常に幸運であった。もちろん知床以外にも次世代に残したい自然はたくさんある。今回の旅で見つけた美しいもの(完全に私の独断と偏見に基づくが・・・)を紹介したいと思う。

羊蹄山。別名「蝦夷富士」
優美な姿と手前の丸々が北海道らしいでしょ。
 洞爺湖。キャンプしてる人が多かった。
昭和新山。岩肌から吹き出す煙が不気味。 登別温泉の地獄谷。これまた不気味!
大雪山黒岳の5合目。ここまでロープウェーが
通じている。下は層雲峡。
大雪山より層雲峡を望む。
文字通り「雪」が残っていました。8月なのに・・。
層雲峡の「銀河の滝」。他に流星の滝がある。 層雲峡の「大函」。              
ここの土産物屋のトウモロコシがうまい!
富良野といえばラベンダー。富田ファームにて。 キタキツネ。最近は人になれてエサをもらおうと
する「おねだりキツネ」が多いらしい。
国道777がない限り、これが最高か?(留辺蘂) ハマナスの実。
サロマ湖の夕日・・・・。実物はもっときれいだよ。  ワッカ原生花園。レンタサイクルで散策。
圧巻! 美幌峠。 すばらしい景色です。 同じく美幌峠。
硫黄山。噴出口のすぐそばまで近寄れる。
ただ、玉子売りの声が耳障り。
もくもくと煙を上げる噴出口。
硫黄の結晶。
さわってみたら、当然のことだが熱かった・・・。
霧の摩周湖。見えたら婚期が遅れるというバス
ガイドのウソが、まことしやかに語られた湖。
見えてよかった〜。中央はカムイッシュ島(神の島)。
 双湖台より。(ペンケトー・パンケトー) 阿寒湖と遊覧船。これに乗ってマリモの棲息す
チュウルイ島へ行く。
世界遺産知床の「カムイワッカ湯の滝」
上流は70℃にもなるそうである。
ここは奈良公園かと思うほど、あちこちに出没
するエゾジカ。やはり知床は自然が豊かである。
知床遊覧船より。  遊覧船から見るカムイワッカ湯の滝。
カムイワッカとはアイヌ語で「神の水」とのこと。
でもニュアンスとしては「魔の水」らしい。硫黄成
分が非常に強く、10円玉がピカピカになるらしい。
野付半島にて。の攻撃に見舞われた。
北海道の蚊は強烈であった・・・・。
「地球が丸く見える」・・・地平線はすばらしい。
開陽台はライダーの聖地(!?)
あの有名なミルクロード
いったいどこまで続くのか・・・・・。  
根室半島、四島の架け橋。
「返せ!北方領土!」の気持ちになるね。
根室駅。日本最東の駅。
駅前には花咲カニがゆでて売られてますよ。
釧路湿原・・・・。ただただ広い・・・。 


 もちろんこれだけではなく、もっともっと語り尽くせないほど見所がある。一面のトウモロコシ畑や襟裳岬の昆布漁など、数え上げればきりがない。「でっかいどー、ほっかいどー!」


戻 る