今年は神社めぐりが熱い!




 
 今年は何を差し置いても神社めぐりをしないわけにはいかない・・・・、と勝手に自分で心に決めている。 というのも、今年5月に出雲大社では60年に一度の大遷宮が行われ、10月には伊勢神宮で20年に一度の式年遷宮が行われた。単純に考えると伊勢神宮の3回めに出雲大社が重なると思うけれども、いろいろな事情があって、有史以来同じ年にこの2つの遷宮が行われたことはないという。東と西、天と地、生と死、を司るそれぞれの神様が同時に若返りをしてパワーアップされるというのだから、せめてご挨拶ぐらいしなければ日本人として罰当たりだろうと思うので、なんとか今年中に行こうと日程を調整した。

 まあ冗談はともかく、今年はたまたま息子がこの春から伊勢の地にお世話になっているし、また夏にはとんでもないできごとがあったにもかかわらず、幸いにも事なきを得て今にいたっている。その感謝の気持を表すために、いざ出発!



 まずは京都府にある元伊勢神社へ。ここへは愛車250TRで行きました。現在の伊勢神宮に遷られる数十年前に祀られていた場所と伝えられている。伊勢神宮同様、外宮・内宮などがあり、川の名前も同じく「五十鈴川」である。

@ 外宮
 まずは外宮へ。厳かな雰囲気を感じる。  神々が宿られる部屋。この雰囲気は出雲大社みたい・・・。


A 内宮

 次は内宮へ。名前も一緒。  これまた立派なお社である。


B 天の岩戸神社・猿田彦神社

愛車250TRで天の岩戸神社へ。狭い山道です。

河原へと下る。

崖にへばりつくように建っていました。

これは猿田彦神社。導きの神様だそうです。






 次に京都府亀岡市にある出雲大神宮にお参りしました。徒然草にも出てくる有名な神社で、このあたりを領有していた「しだのなにがし」が建てたようである。 名水が湧き出ることでも有名である。
 

今回は愛車エブリィ君と一緒に。車中泊ではありませんが。

出雲大神宮

久々に行ったのですが、綺麗になってました。

建物の中に見えるのが、あの有名な獅子と狛犬か。

裏の山にある聖域の滝。

後ろの山がご神体です。


  ポリタンに水をもらって帰りました。健康にもいい水だそうです。




@ いよいよ、出雲大社へ1

 愛車エブリィで車中泊の旅。宍道湖SAはとても静かで快適であった。夜中にここまで走ってきたら、翌日はタップリ時間が使える。

宍道湖SAで車中泊。爽快な目覚め・・・。

今回のお宿、エブリィ君

ついにやってきました!  平成の大遷宮

大国主命(オオクニヌシノミコト)

 正面より  左側より(大国主命はこちらを向かれている)
 後ろ側より  信号を見下ろす大鳥居

                            

                        創業220年、現在8代目のご主人が経営する荒木屋で出雲蕎麦をいただく。



A 揖屋神社 黄泉比良坂へ

 

  揖屋神社 鳥居 揖屋神社 本殿  もの凄い歴史があるそうです。 
 

  黄泉比良坂(よもつひらさか)   この世とあの世の境界

  いよいよこの先に・・・・・。

この石にてイザナミが黄泉の国との境を封じたらしい。

この坂を黄泉の国の醜女たちが追いかけてきたのだろうか・・・・。


   
              


「日本海に来てごしなれ」 の看板で有名な「海」にて、日本海を喰らい尽くす・・・。



 ついに・・・。念願の伊勢神宮へ。今回は嫁さんと一緒に4時起きで出発し、伊勢で長男と合流する。折りたたみ自転車を車に積んで行って、現地を散策する。この日は高速インターが規制されるほどの人混みで、この作戦は大成功だった。

@まずは外宮へ

ピッカピカの正宮。木の香が漂ってきそうだ。

外宮 正宮

20年間お疲れ様でした。そう思って見るのか、主なき屋敷は寂れてる。

多賀宮にて


                            

                            やっぱり桁違いやね。この木を見るだけでもそう思う。



A 内宮へ

宇治橋前の鳥居

宇治橋にて。

正宮。  天照大御神もさぞかし新居は気持ちいいだろうね。

以前の正宮

荒祭宮には参拝の行列ができてました。

五十鈴川の流れは美しい。



A 猿田彦神社へ

人を導いてくださる神様、猿田彦命。

天宇受売命(アメノウズメノミコト)が祀られている。


                      

                              松阪牛を頬張る。(「一升びん」にて)





 

戻 る

 

トップに戻る


釣れても
釣れなくても

ツーリングクラブ
【男神】

酒 と 肴

  自転車に乗って

おっちゃんの独り言