F氏について



   F氏とは、昔から単車を通じて親しくさせてもらっている友人である。 バイク関係のページではしばしば登場することになると思うので、この際ここに紹介させてもらうことにする。


 そもそもF氏とは大学の同級生で、もうかれこれ、20年来のつきあいである。学生の頃は理学部に在籍し、その後大学院をドクターまで進んでいる。私にはさっぱり訳の分からない機材を使って徹夜で実験し、宇宙の開発や隕石の研究をこつこつと続けていた。

 それをいったい、何をトチ狂ったのか、あとわずかで卒業というところでほっぽりだしてしまい、突然竹細工の職人になってしまったのである。最先端の学問から伝統芸能へと、180度の転換をしてしまった 彼は、その後職人として腕を磨きつつ、なぜか今は公僕として働いている。一風変わった経歴の持ち主である。


 確かに職に関してはわけわからん人間であるが、ことバイクに関しては一貫性を持っている。どんな事故に遭おうが、怪我をしようが、ずっとバイクには乗り続けている。たいがいの者は車に乗り換えたり、 維持できなくなって売ってしまったり、というのが多いが、彼だけは唯一とぎれることなく乗り続けている。 性格は温厚そうだが、そうでもない。外見は真面目そうだが、そうとも言い切れない。 なんせ変わった男である。なぜ今までずっと友達なのか、我ながら不思議である。


 

 



戻 る

 

トップに戻る


釣れても
釣れなくても

ツーリングクラブ
【男神】

酒 と 肴

  自転車に乗って

おっちゃんの独り言