揖保川流域散策


 揖保川なんて川は、兵庫県民でなければあまり知らないだろうと思う。でも「揖保の糸」というソーメンならよく知られているだろう。そのソーメンはこの川の水を利用して作られているので、そう名付けられているのである。 この川は兵庫県と鳥取県の県境に源を発し、姫路市の西側で瀬戸内海に合流する。そんなイメージからすれば、非常にきれいな清流といった感じがするが、かつては生活排水で死の川同然になってしまい、そこに棲む魚などはとうてい食べる気にならないほど、汚れきっていたようである。ところが最近、汚染も以前ほどではなく、徐徐に清い流れを取り戻しつつあるようだ。といってももちろんその源流域に比べれば、中下流域はまだまだ汚いのではあるが…。だが最近、サツキマスなる魚が遡上してくるようになったということである。


 サツキマスというのは、渓流に棲むアマゴが海に降りてそこで豊富に餌を食って巨大化し、ふたたび川にのぼってきたものをそう呼ぶのである。体長は数十センチにもなり、アマゴの頃の幼魚紋は消え去って、銀ピカのボディーに朱点だけをまとい、立派な面構えになって帰ってくるサケ科の魚である。海が汚され、川はダムや堰堤によってズタズタに寸断された今日では、絶滅危惧種のひとつとされているようである。今では長良川のサツキマスだけが、雑誌などによるとかろうじて生き残っているようである。


 そのサツキマスをテンカラで釣ろうというのが、今私達の仲間内での話題となっている。私は今まで中下流域での川釣りをしたことがない。川はもっぱら源流域だけである。なぜかというと、渓流魚(イワナ・ヤマメ・アマゴ)は渓流にしか棲んでないからである。(人を食ったようなことを言ってスミマセン。)  つまり今までは、山奥にしか、そういった魚はいないと思いこんでいたのである。また、中流域にいるコイ科の魚はどうも生臭いような気がして釣る気にならなかったし、ましてや生活排水が流れ込んでいるようなところで釣りたいとも思わない。人の手が加わった物が皆無のところで釣ってこそ渓流釣りだと思いこんでいた。


 だが、海から源流へと遡上するサケ科の魚・・・・。 まあ初めてのフィールドで普段狙ってる渓流魚の大型オバケを釣るのもいいなあという思いがだんだんと大きくなり、今年は文字通りサツキの咲く頃に狙ってみようかなと思いはじめたのである。



 この頃日曜日が待ち遠しい。愛車TR子ちゃんに乗れるから・・・。今までのCD子ちゃんもそれなりに私を楽しませてくれたが、やはり新しい彼女は魅力的だ。今日も彼女と二人っきりでデートをすることにした。行き先は揖保川流域散策である。それも中下流域を中心に巡ることにする。


 愛車のエンジンに火を入れ、しばらく暖機運転をする。姫路まで国道372号線を走り、2号線に合流する。この道はCD子ちゃんとよく走った道だ。CD子ちゃんよりおよそ20km/h上乗せのスピードで流す。快適快適・・・。後ろから迫って来る4輪を気にすることもなく、堂々と道のど真ん中を走る。 CD子ちゃんではこうはいかなかった。思いっきり走ってはいても全体の車の流れに乗ることができず、後ろから来る速いペースの車を気にしながら、道の左端をなんとなくヒクツに走っていた。スピードだけがすべてじゃないというのは当然わかってはいるのだが、どことなく周囲をキョロキョロと気にしながら早い奴には道を譲り、ヒクツにならざるを得なかった・・・。 またそうしなければ自分の身の安全を確保できなかったと思う。小排気量車の悲しいさだめである。ところが今は逆に、車の流れをリードできるのである。この感覚、久々だよね〜。それだけでヘルメットの下の顔は、思わずほころんでしまう・・・。


 姫路の中心街を抜けたあたりを左折し、海をめざす。ちょっと道に迷ってしまい、狭っくるしいところをウロウロしたが、なんとか国道250号線に合流し、揖保川に突き当たったところから河口を目指す。やはり播州地方の主要河川だけあって、悠々たる流れである。あたりは工場地帯で、あちこちの煙突からモクモクと煙が上がっていた。海との境目で単車を止めて、しばしたたずむ。少年が2人、ルアーを投げていた。 シーバス狙いであろうか・・・。かつてはヘドロが堆積していたようだが、今は下水道施設が整ってきたおかげか、かなりマシである。もちろん普段アマゴを釣っている源流域とは比べ物にはならないが、まあ許せる範囲である。実際その辺りには漁師の舟がたくさん繋留してあり、その漁師が捕らえた魚が市場に出回っているのだから、それほど神経質になる必要もないだろう。サツキマス釣りが楽しみになってきた。でもまあ、年間何本ぐらいが遡上するのかなあ?釣れる確率は限りなくゼロに近いことであろう・・・・・。

揖保川の河口。思っていたよりきれいでした。


 その後国号250号線、別名「播磨シーサイドロード」を西へ向かう。でもなあ、いかにもっ!ていうネーミングだね。快適なワインディングロードを、右へ左へと単車を寝かしながら駆け抜ける。ただタイヤがオフロードに適したものだから、あんまり無理はできない。まあ無理して走るつもりもないけど…。しばらくいくと牡蠣の直売所があり、しばし物色する。この時期、この辺りの牡蠣は絶品である。私の友人などはしょっちゅう高速道路をとばして、買いに来ている。この店で、牡蠣のむき身を500グラムと焼きアナゴを買う。だが、今日はそんなつもりではなかったのでザックを持ってきていない。仕方がないので小さな段ボール箱をもらい、愛車の後ろにくくりつけた。どうやらバイクは小型ビジネスバイクから中型トレールに替わったものの、使い方は一緒になりそうである。リヤに段ボールをくくりつけたら、いかにも私に似つかわしいバイクになってしまった。 もっとスマートに乗ってやらなければ、とは思うが、乗り手は同じ人間なのだからどうしようもない。まあ君も悪いご主人様に巡り会ったもんだと思って、あきらめておくれ・・・。


 その後相生まで西に向かったが、ここから北に方向を変えて龍野市をめざす。龍野は小京都として有名なところである。江戸時代に脇坂藩5万3千石の城下町として発展したところで、龍野城や藩主の屋敷であった聚遠亭などのほか、昔ながらの町並みや醤油蔵などが残されている。また童謡「赤とんぼ」の作詞者三木露風や、哲学者三木清の故郷でもある。その銅像が建てられてあった。龍野神社に参拝した後、あちこちを散策する。人影もまばらで、のんびりと見て回ることができた。名物の「醤油饅頭」を買って土産とする。この饅頭は醤油の香りと塩味がよく効いており、中のこしあんはふんわりとした舌触りで、ちょっとは話の種になるものであった。能書きは忘れたが、なにやら特別な賞に選ばれたそうである。


歴代藩主の上屋敷 「聚遠亭」 三木露風「夕焼けこやけの赤とんぼ・・・」 龍野城


 さてそろそろ帰るとするか、ということで、揖保川沿いをさらに北上し、夢前・福崎を経由して家へと向かう。およそ200キロの日帰りツーリングであった。愛車TR子ちゃんも、そろそろ私になじんでくれたようである。 格好など気使われずにデカデカと神社のお守りのステッカーを貼られ、荷台には海産物の名前がこれまたドーンと書かれた段ボール箱をくくりつけられてあちこちと走らされる。CD子ちゃんにもずいぶんつらい目を見させたものだが、それ以上にあたらしい彼女には試練を与えてしまうことだろう・・・。  まあ一時も早く慣れて(あきらめて?)ご主人様と末永くいい関係を築いてくだされ。 いやぁ〜、かわいい彼女ですヮ・・・・・。


無惨にも段ボール箱をくくりつけられた姿・・・。



               



戻 る

 

トップに戻る


釣れても
釣れなくても

ツーリングクラブ
【男神】

酒 と 肴

  自転車に乗って

おっちゃんの独り言