酒 と 肴

食いしん坊のコーナーです。
                               




  
ツーリングのページでもちょっと触れたが、昔若かりし頃は、旅をする上でまず何より大切なことは走ることであった。つまり、目的地や観光よりも、まず走ることそのものが最大の魅力であった。だから何を犠牲にしても、ガソリン代だけはケチることはできない。そしたら何をケチるか。やはりそうなると、宿泊代と食費である。その頃はテントもバーナーも持っていなかった。シュラフだけをくくりつけ、バス停や駅など、屋根があればそこがねぐらだった。食料もパンや缶詰で、特に食パンには何でも挟んで食べていた。 (実はこのころは一人暮らしをしていたので、下宿での生活も大して変わりなかったが・・・。)

 腹さえふくらめばそれで良かった。飢えさえしのげれば、何でもうまいと感じていた。『
』というより『エサ』の感覚だった。若さが何でも可能にしていた日々は懐かしい。



  ところで今、同じことをしようとは思わないし、もはやできるはずもない。やはりうまいものはうまい。 今の私は、仕事から帰ってきて一杯飲んでこそ、その日は充実して終了するのである。 最初は冷たい
ビールをギュッとやる。そのときの充実感。『今日も生きたなあ』というのを実感できる時である。そう言えば学生時代には酒屋さんでバイトをやっていたが、そこの立ち飲みコーナーに毎日必ずやってくるおっちゃんのことを、当時は理解できなかったが、今は心の底からよくわかる気がする。


 次に
日本酒、または焼酎をちびちびと飲む。やっぱり日本人にはこれがうまい。『はらわたにしみわたる』 というのは、ほんとにはまりすぎた表現である。

  するとコマーシャルではないが、うまい酒を飲めばうまいものが食いたくなる。 昔の自分は偏食が多く、わがままであった。ところが今、自分の胃袋は何でも受け付けるし、なんでもうまい。


  最近は
体重肝臓のことが少々気になるが、『こんなうまいもん、もうやめられへん』ということで、食に関する諸々のことを、ここでは載せたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

 

冬の王様『カニ』 

    果実酒   2001.10.20

清酒『武蔵の里』

  山の幸を喰らう 2002. 2. 8

ぼたん鍋

  清酒『羅生門』 2002. 4.10

特製 豚しゃぶ

  イカナゴの釘煮(くぎに) 2003. 3. 6

キスしゃぶ・カルパッチョ

2001. 8.17 紀州のうまいもん 2003. 3. 3

和洋折衷「鯛飯」

2005. 5.22

絶品!タダの松葉蟹

2008. 2.23

   



戻 る

 

トップに戻る


釣れても
釣れなくても

ツーリングクラブ
【男神】

酒 と 肴

  自転車に乗って

おっちゃんの独り言