冬の王様 『カ ニ』


 

カニカニカニカニカニカニ・・・・・・・食べたい。



 『うまいもん』といったら、まず第1に思い浮かぶのが『カニ』である。もちろん私の好みであるが・・・・。でも、冬の日本海の味覚の王様と言ったら間違いなく『カニ』である。文句なしにうまい。私などは、もうこんな書き出しだけで、涎が出る思いである。


 ところでこの近辺では、鳥取・香住・城崎・久美浜・越前等、名産地はたくさんある。そしてそれぞれにいろいろなサービスを工夫している。刺身・焼きがに・かにすき・ゆでがに・てんぷら・みそ・甲羅焼き・・・、といったフルコースを売りとしているところや、地物だけにかたくなにこだわったところ、ネームバリューによって若干高めの設定のところなど、いろいろある。


 どこもそれぞれ冬場はにぎわっているが、ここ数年、京都府の網野近辺がどんどん発展している。次々と新しく大きな旅館が建ち並び、あらゆるサービス、例えばカニ1匹持ち帰りや舟盛りつきや、アワビの躍り食いなどもあるそうである。京阪神からは送迎バスも出ており、泊まりでなく昼食だけのコースもある。ただあれぐらいの料金で、地物のカニを、あんなに食べきれないほど出せるはずはないので、まあ、それなりに割り切って考えておいた方が良さそうだが・・・・。
   
    

 ところでカニすきに関しては、それぞれの秘伝があるようだ。たとえば塩味だけで、白菜しか具を入れないところもある。でも私が一番おすすめなのは、何も具を入れないものである。つまりカニしか入れないのだ。土鍋にダシをとり、カニを放り込んで煮立ったらすぐに全部をあげてしまい、あとはひたすらむしゃぶりつく。ほかには一切具を入れない。そしてみんなが食べ終わったら、第2弾としてまたカニを放り込む。 そして食う・・・・・。 それを繰り返すのである。 食うのはカニのみ・・・・・。

 なんてシンプルな料理だろう。そしてもう充分堪能したら、はじめて野菜等の具を入れる。

 そして食い終わったら、最後は雑炊で締めくくる。すべて具をあげた後、ご飯を入れて煮る。あらかじめ卵をといておいて、火を消した瞬間、さっとかけてふたをする。決して、かき混ぜてはいけない。余熱だけでしばらくおいてから、ふうふう言いながらいただく。 幸せを感じるひとときである。


 これは元同僚が教えてくれた食べ方であるが、彼は本場の香住で長らく生活していたことがあり、これこそが本場の食べ方だと主張していた。確かにこれほど贅沢な食べ方はないであろう。       
 

 



戻 る

 

トップに戻る


釣れても
釣れなくても

ツーリングクラブ
【男神】

酒 と 肴

  自転車に乗って

おっちゃんの独り言