十津川ボウズ釣行記

雪中テンカラ・・・


 紀州の名河川十津川水系に、初めて釣行した。今シーズン初のテンカラ釣行である。といっても今まで2回しかテンカラ釣りをしたことがないので、わざわざ「今シーズン初の」と、大げさにことわる程のこともないが・・・。そのうえタイトルを見ればすべてがわかるという内容なので、あっさりと・・・・・。


 前日夜中より出発し、猿谷ダムで車中泊する。激しい雷鳴がとどろき、なんとなく嫌な予感がする。ただ、天気予報は、明日は 『6:00 ・ 9:00晴れ ・ 12:00曇り ・ 3:00晴れ』とのことなので、楽観的に考えていた。車中でビール2本を飲み、爆睡する。

 目覚めれば、予報通り昨夜の雨もやみ、期待が高まる。ところが・・・。

 
  開始早々に白いものが…。
水温なんと3度。こりゃ、アカンわ・・・。

  ほんの20分ほどでこのありさま。
毛鉤はもちろん、ラインも見えない。

 
  釣りなんてヤ〜ンペ! 
ということで温泉へ。湯泉地温泉です。

  静かな露天風呂・・・。
釣りなんかより、よっぽどシアワセ〜。

 
  湯に浸かった後は、川横の駐車場で昼飯。
ミソ煮込みうどん酎ハイ
風呂上がりに最高です!

  ところがなぜか天候が回復し、
再び釣り始めるが・・・・・。


 
  なんとまたまた大雪! 人が釣り始めたら
雪が降る。 いったいどないなっとんや!


  釣る気力も失せてしまい、とぼとぼと林道を
引き返す・・・。 
素堀のトンネルが、なんとなく温かい。

 
ぼうず

なごり雪も降る時を・・・・・知れよな!

せっかく行ったのに!!
     


 というわけで、十津川ボウズ釣行完結・・・・・。  まあ、こんなこともあるでしょう・・・・・。
                                            (2004/ 3/ 7)

 

 

                    



戻 る

 

トップに戻る


釣れても
釣れなくても

ツーリングクラブ
【男神】

酒 と 肴

  自転車に乗って

おっちゃんの独り言