近場で「ツ」抜け

                                        





 本日は日曜日。昨日まで大忙しだったが、この日だけは何故か何の用事も入っていない。おまけに嫁さんや子どもたちもそれぞれ用事があって、家にいない。ということは・・・・、である。私一人の自由時間が持てるということなのだ! おまけに前回の釣行のエサが少々残っている。もう何も迷うことはない。行くしかないのだ。もちろん月曜日は仕事だから、今日一日だけしかないが、それに見合ったコースを考える。

 選んだのは県内のヒミツの川である。漁業権の設定はない小河川だ。でもアマゴが生息していることは確認している。まあ数は少ないだろうけど、釣れれば綺麗な天然ものであろう。期待に胸を膨らませながら、高速を飛ばして現地へ向かう。

 1時間もかからないうちに到着し、早速竿を出す。コンコンと小さなアタリ。だがシャープさは無い。これは間違いなく外道のアブラッパヤだろう。そう思って抜きあげたところ、なんと側面には綺麗なパーマークが着いてキラキラいる。間違いなくアマゴだ。やや小振りながらも、いきなりピカピカのアマゴちゃんとの遭遇であった。こりゃ幸先がええぞと気を良くして釣り登る。それからしばらくはアタリが遠のいたものの、ここぞという大場所からは型のいいアマゴが飛び出した。その後ポンポンと釣れ続き、結果的には二桁の数のアマゴがビクに収まった。完全な「ツ」抜けである。(一つ、二つ、の「つ」がとれたということ。) 今回のエサは前回の釣行の残りだけなので、わずか7~8匹しか持ってきていない。なのにそのエサで二桁の釣果である。なんとも効率のいい、そして気持ちのいい釣りができたものだ。ほんの2時間ほどの釣りなのに、非常に満足感の高い釣りとなった。

第1号のアマゴちゃん



このポイントからは・・・・・   →

綺麗な渓流の宝石が飛び出した。

このポイントからは・・・・・   →

本日最長寸!  が飛び出す。


素朴な田舎蕎麦




 帰りに道の駅で、蕎麦を食う。いかにも手打ちの素朴な食感だ。渓流釣りにはこんな蕎麦がよく似合う。

帰ってもまだ2時前だ。こんなに時間に余裕のある渓流釣りは初めてだ。ということで愛用の鍋を持ち出し、甘露煮作りに取りかかる。今晩はこいつで一杯飲るで!

                                                                                      (2014.3.16)

 



戻 る

 

トップに戻る


釣れても
釣れなくても

ツーリングクラブ
【男神】

酒 と 肴

  自転車に乗って

おっちゃんの独り言